【好きな人へのLINE】付き合う一歩手前で送るべきベスト内容9選

チャムです。

好きな人とのコミュニケーションツールとして、LINEは欠かせないですよね。カップルから付き合う前の男女までたくさんの方が利用していると思います。

あなたは、数回デートをして「両想いかも!」と思っている時のLINEの内容はどうしていますか?

付き合う一歩手前の時は、相手に好意を伝えてどんどん押してしていくことで更なる急接近が期待できます。

そこで、「両想いかも」と思っている時に送るべき「相手が思わず胸キュンしてしまうLINE内容」をお伝えしていきます。

脈ありサインをまとめた記事もありますので、相手の好意を改めて確認したい場合は、併せてご覧ください icon-asterisk

【これ脈あり?】心を許してる相手に出すサイン!態度&行動パターンを特集

2017.06.17

 icon-android 男性向け

【女性の脈ありLINE】女心を簡単に見抜ける!好きサインの特徴

2017.06.20

 icon-heart-o 女性向け

【男性の脈ありLINEはこれだ!】簡単に判断できる好きサイン

2017.06.20



【好きな人へのLINE】付き合う一歩手前で送るべきベスト内容9選

①デートの誘いを期待させる「今日って予定空いてる?」

いきなり今日の予定を尋ねられるLINEは、

男性
もしかしたら会えるかもしれない!
女性
デートに誘われるかも!

など、付き合う一歩手前だからこそ、好きな人に期待感を持ってもらえます。

もしあなたが予定がない時は、是非送ってみてほしい文です。

ポイントは「今日暇?」とか「何してるの?」という聞き方ではなく「予定空いてる?」と伝えた方がいいです。

こうした伝え方のほうが、相手はデートの誘いに期待を持てて、ドキドキワクワク感が高まりやすいです。

もし予定があったとしても「もし空いてたら、ご飯でも行かないかなと思って聞いてみた!」みたいな感じでフォローすると、相手に好意も伝わります◎

 

②シンプルに好意があると伝わる「会いたい」

1、2週間会っていないのであれば、シンプルに「会いたい」と伝えるのがいいと思います。素直な気持ちをストレートに伝えることは、気持ちが伝わりやすく、相手にとって1番嬉しい言葉でもあります。

言葉にして伝えないと、伝わらないことってたくさんあります。「言葉にする」という形であなたなりの愛情表現をしましょう!

あなたの心から溢れてくる「会いたい」「好き」という気持ちを素直に伝えて、相手の心が胸キュンするはず icon-hand-o-up 

きっとお互いの心の距離が近づきますよ♡

もし相手も「会いたい」という返信がある場合、まさに付き合う一歩手前の状態と言えます。その状態を逃さないように、デートに誘ったり、電話やLINEを使って、積極的にアプローチしていきましょう。

 

③デート内容を決める時や話が盛り上がったタイミングで「電話しよ?」

デート内容を決める時や話が盛り上がっているタイミングで「電話しよ?」と提案してみてください。

電話しやすい状況は整っていますので、きっとオッケーしてくれるはずです。

ただ、頻繁に電話を提案すると、負担に思われてしまう可能性がありますので、何事も適度にですね icon-hand-o-up

また電話している最中に、恥ずかしいと思いますが「声が聞けて良かった」みたいに言ってみるのもオススメ♡

相手は必ずテンションが上がってくれるはずです◎

恥ずかしさがあって、なかなか言いにくいかもしれませんが、付き合う一歩手前=両想いに近い関係ですのでまずは自信を持ってください。

もし、あなたが好きな人から「声が聞きたい」「声が聞けて良かった」と言われたら、とっても嬉しくないですか?(‘ω’)ノ

関係が築けている場合、是非伝えていただきたい一言です。

 

④電話やデートが終わったタイミングで「また電話したいな or 会いたいな」

電話やデートが終わった後に、「楽しかった!ありがとう」とLINEするのがいいです。

直後というのは、お互いの盛り上がった雰囲気がしばらく続きますので、その状態だと気持ちが伝わりやすいです icon-hand-o-up

そこで感謝の気持ちを伝えることで、より相手に気持ちが伝わりやすいので、そういう一言も必ず文面に入れるようにしましょう

また寝る前でしたら「おやすみ」の一言があると、相手は安心感を感じてくれたり、シンプルに喜んでくれると思います。

LINEはお互いの顔が見えない分、ニュアンスや雰囲気が伝わりにくいです。本当は直接伝えることが一番効果的ですが、それができない状況の中で、相手に伝わりやすい言葉をチョイスすることはとても大切です(‘ω’)ノ



⑤LINEのやり取り中、急に「〇〇(相手の名前)」と呼ぶ

何気ないLINEのやり取りの中、急に相手の名前を呼ぶことで、相手をドキッとさせることができます。

「このタイミングで名前だけ呼ばれて、次何言われるんだろう...」と、いい意味で緊張感が増し、好きな人の心を揺さぶることができるのです。恋の駆け引きですね icon-hand-o-up

ポイントは「名前を一言呼ぶ、LINEを送ること」です。

そして、相手に「何だろう」とドキドキさせつつ「いや、何でもないよ!」と少し引く姿勢を見せることで、相手にとって、あなたはより気になる存在になるはず◎

これは恋愛駆け引きで使われる「押したら引く」というテクニックの軽い感じのものなので、ふとした瞬間にやってみるのもいいかと思います。

効果絶大の恋愛テクニックをまとめた記事もありますので、よろしければご覧ください icon-asterisk

【駆け引きLINEテクニック】既読スルーして好きな人を脈ありにする方法

2018.08.30

【効果絶大】モテる人の恋愛テクニックを実践して好きな人との恋を実らせよう

2017.05.01

 

⑥デート後や飲み会後に「無事帰れた?」

デートや飲み会後に、帰宅できたか確認するLINEは効果的です。何かが終わった後にすぐフォローすることで「特別扱いされている」と感じる人は多いです。

関係が深くなったとしても、相手を気遣うLINEを積み重ねることで、徐々に相手の気持ちも大きなものに膨れあがります◎

普段から相手を想うLINEを送ることで、相手にも「両想いなんだ!」と認識してもらえるので、そうした機会を見逃さないようにしましょうね(‘ω’)ノ

 

⑦学校や会社を休んだ時に「体調どう? 大丈夫?」

相手が体調不良を理由に、学校や仕事をお休みしていることに気付いたら、体調を気遣うLINEを送りましょう。

男性
心配してくれてありがとう!
女性
いつも気にかけてくれて嬉しい!

と感じ、よりあなたを意識する存在として考えるようになると思います◎

またこの文面は、まだお互いの距離感はあるけど、相手に好意を伝えたいときにも使える言葉です。

クラスメイトや会社の同僚の中に、好きな人がいるけど、両想いなのか分からない時は是非使ってみてください(‘ω’)ノ

 

⑧「〇〇(相手の名前)のそういうとこ、好きだよ!」と冗談半分 or 真面目に伝える

普段LINEのやり取りの中で「〇〇を頑張っている」とか「〇〇にハマっている」「面白いことがあった」など色々な話をしていると思いますが、もしあなたが「凄いな」とか「尊敬するな」などと感じているのであれば、その気持ちをしっかり伝えることが大切で、相手へのアピールにもなりますicon-hand-o-up

褒められて嬉しくないっていう人は少ないですよね。

褒め上手の人は相手の心を惹きつけるのが上手なので、ちょっとしたことでもあなたが気付いたことは、どんどんそれを伝えていくことを意識しておきましょう(‘ω’)ノ

そして冗談半分で伝えるか真面目に伝えるかは、褒める内容によって変わります。

伝え方によって、相手がどういうふうに捉えるかも変わりますので、相手にどう感じてもらいたいかを考えながらLINEしてくださいね!

その場に合った空気作りをしていきましょう icon-heart-o

 

⑨楽しみにしている様子が伝わる「明日まで待ちきれない!」

明日や近日にデートの約束をしているなら、楽しみにしているという心境を伝えることで、相手に「恋愛・付き合うこと」をさらに意識させることができます。

また、相手にとっても楽しみにしているのが分かれば、嬉しいですよね◎

楽しみな気持ちをお互いが高めあっていくことで、デートは必ず盛り上がるはず!

あなたとデートすることは楽しい!というイメージを強くさせるためにも。是非送っていただきたいLINEです。

 

全部で9つお伝えしてきましたがいかがでしたか?

付き合う前だったとしても、一歩手前のような関係であれば積極的にアピールしていくべきです。そうすることであなたの存在は大きくなり、恋人として意識する気持ちが強くなるでしょう。

LINEはあくまで文。顔が見えない分、伝え方によって、相手が感じる印象は大きく変わります。

何かを質問する時は「相手の立場になって考えること」そして「あなたの心境を素直に伝えること」が大切です。

今の状況を進展させるためには、勇気を振り絞って一歩踏み出す必要がありますので、そのきっかけ作りとして当記事が参考になればと嬉しく思いますicon-heart

スポンサードリンク

関連する記事




【2018年 保存版】
目的別おすすめマッチングアプリ特集

目的に合ったマッチングアプリを利用することで、新しい出会いを劇的に増やすことができます。