告白の仕方関係なし!告白前の準備で結果はすでに決まっている

チャムです。

好きな相手がいるからこそ、告白して付き合いたいという想いも自然と溢れてくるはず。

でも告白するって言っても

・いつのタイミングがいいのだろう…

・場所はどこがいいんだろう…

・告白の仕方はどうしたらいいのだろう…

と絶対に成功したいという気持ちがあるからこそ、このようなお悩みを抱えている方が多いです。

ただ告白するタイミングや場所・仕方を必死で考えたとしても、すでに相手の答えは決まっているということを知っておかなければなりません。

そこで今回は「告白の仕方関係なし!告白前の準備で結果はすでに決まっている」ということをテーマについてお伝えしていきます。



告白の仕方より告白前の準備を徹底すれば成功する!

よく恋愛ドラマや漫画などである、可愛い人、イケメンの人に恋をしてしまってどうしたらいいのか分からない。

思いつめた主人公・ヒロインはいてもたってもいられずに、意を決していきなり告白。

女性
ずっとあなたのことが気になっていました。
男性
付き合ってください

そして付き合うことに...

恋人に近い関係が築けていればもちろん可能性がありますが、逆に築けてなければリアルでこういうことはなかなか起こりません。

告白をしたからといって、あなたのことを好きになるわけではないんです。

よくどんなシチュエーションで告白するかに、重点に置いている人がいますが、実はあまり効果的ではないんです!

あなたは好きな相手に対して告白するのを目標にしてはいけません。

メモ
好きな相手を自分に惚れさせるということを1番に考えてください。

そうすればあなたは、自然とやるべきことが分かってくるはずです。

 

告白する前の「考え方」の準備

告白する前の準備次第で、好きな相手はあなたに好意を伝えられて嫌な気持ちになるというのは、よっぽどのことが無い限りありません。

人というのは自分が好意を持たれているということは、基本的に嬉しいと感じます(‘ω’)ノ

ですので、あなたは告白前に好印象・好意を持っているということを積み重ねて、それが好きな人にとって大きなものになっていくことをまず考えましょう。

何回かその好意を伝えられることによって相手は

男性
本気で好きでいてくれてるんだ!

女性
これだけ想ってくれるのなら大事にしてくれそう icon-heart-o 

って思いますよね。

しかしあなたに「興味がない、好印象を特に持っていない」相手に告白しても、その相手はあなたのことに興味がないのですから、告白しても残念な結果になってしまいますよね。

なので、お互い好意がある状態まで持っていってから、告白するように準備していきましょう icon-hand-o-up

 

誰かを好きになる時のタイミングは男女で違う!

あなたが好きな人に告白するときは、相手があなたのことを気になり始めてからで、全然遅くないんです

その段階まで持っていけたら、付き合える可能性がかなり高くなります。

そしてその段階に持っていくために、知っておいた方がいいことがあります。

それは

メモ
誰かを好きになるためタイミングは男女で違う!

ということです。

そのタイミングとは

・男性は、一目ぼれで好きになることが多い。

・女性は、時間をかけて相手と関係を築き、徐々に好きになっていくことが多い。

男性と女性では好きになる気持ちに「ズレ」があるんです。

これを分かっていないと、自分の感情をコントロールできず、焦って早く結果を求めてして失敗してしまう可能性が高いです。

逆にそれを知っていれば、あなたの気持ちは落ち着いた状態で相手と接することができますよね icon-hand-o-up

普通に接して、あなたの人間的良さをさりげなくアピールしていきましょう(‘ω’)ノ



告白する前の準備として好印象を植えつける

いきなり好意を持っていない人に、告白されたら気まずいですよね。

印象が悪かった場合、告白されても当然無理。最悪の場合、連絡が取れなくなってしまいます。そこから、普通の関係に戻そうと思ったとしても、再起不能な展開になってしまいます。

まずは告白する準備として

あなたが良い印象を相手に植えつけていく。

良い印象を植えつけたら、そこから相手の中であなたが大事な存在になってきます。

実は告白前に、結果はすでに決まっていることが多いんです。

ですので、相手に良い印象を植えつけていくことが大切。その好印象を与えるために、これからとても大事なことをお伝えしていきますね icon-hand-o-up

 

告白を最終目的にしてはいけない

実は告白って、相手を惹かれさせるためにするものではないんですね。

・どうやって付き合ってもらえるか?

・どのシチュエーションで告白したら成功しやすい?

など「告白して付き合う」という過程にこだわっている方が多いと思います。

しかし、それはそんなに大きな意味はありません。

こだわりが強くなってしまうと、告白することを重点に置いてしまって、それより大事なことを疎かにしてしまいがちです。

ですので、もし「過程にこだわってるな」と感じているのであれば、一旦その考え方は取っ払ってしまいましょう!

 

恋愛上手な人をマネしよう!

告白は、最終的な確認作業と思っておいても構いません。

告白だけで相手はあなたのことを好きになりませんので、告白で相手に好きになってもらおうと思ってはいけません。

告白する前に、あなたと過ごした時間のなかで、あなたのことが好きになるのです。

では告白が成功する人、恋愛上手の人はどうしているかと言うと!

メモ
「どうやって告白しよう?」ではなく「どうやって自分のことを好きになってもらおう?」

と考えています icon-hand-o-up

デートに誘ったり、相手が喜ぶことを考えたりして「あなたのことが好きかも…」っていうこと徐々に伝えていきます。

告白は好意を1回伝えるより、2回、3回と伝えるほうが、徐々に相手も「俺(私)のこと本当に好きなんだな!」っていう疑問が確信に変わっていくんです。

ですので、デートや普段連絡を取り合う中で

ポイント

・1回目に「ちょっと俺(私)に好意があるのかな?」

・2回目に「やっぱり私のこと本気なんだよね?」

・3回目に「ああ、この人は本当に私のことが好きなんだ。」

こんな感じに伝えられるのが、1番効果的なのです。

いきなり「あなたのことが本当に好きです!」みたいに伝えられても、相手は心の準備ができていないし、断られる確率のほうが高くなってしまいます。

徐々に伝える!

これがポイントで、大事な考え方です。

そして、あなたに良い印象を持ち始めたなと感じてきたら、ここで初めて告白の準備ができてきたと言えます。

 

告白の仕方は好意を伝えていくこと!

告白の仕方は、好意を伝えることが大切ですが、徐々に伝えていってください!

「2人でどこか遊びに行かない?」と伝えるだけでも軽く好意は伝わっています。

実際告白しなくても気づいたら、なんだかんだ頻繁に連絡を取ったり、会うようになっていて「俺たち(私たち)って付き合ってるの?」と状態になることはあります

初めは、まだ好きではなかったからあなたの誘いを断っていたとしても、徐々に好意を伝えられることによって、だんだん好きになっていくことがあり得ます。

よく言われている「押しに弱い」というのはこういうことです。

だから好意を伝え始めたときと、何回か伝えて時間が経った時では、相手の心理状態は全然違うのです。

たから慌てる必要はありません。

ゆっくり相手があなたに心を開くまで、慌てずに接してくださいね icon-hand-o-up

告白は

1回して終わりではなく、小さいのを何度も言動で伝える。

っていうイメージを持ってください。

あえて告白しなくても、言動で相手に伝えるだけでもいいんです。それだけで相手には、十分あなたの気持ちは伝わります icon-heart-o

そうすれば、たとえ告白するタイミングや場所を気にしなくて良くなります!

関係性が築いていればまず失敗することはありませんが、告白の仕方やタイミング・場所を意識しておくと、より成功率が高まります!

そうしたことをまとめた記事もありますので、ぜひご覧ください icon-asterisk

スポンサードリンク

関連する記事




【2018年 保存版】
目的別おすすめマッチングアプリ特集

目的に合ったマッチングアプリを利用することで、新しい出会いを劇的に増やすことができます。