【付き合う前のデート特集】雨の日に相合傘はあり?女性との関係性で見分けるすべき時とそうでない時

チャムです。

男性であれば、好きな子との雨の日デートで相合傘したいと思うのは、普通のことですね。相手との距離が近くなるし、それが単純に嬉しかったりします。

でもデートでいきなり相合傘する男性のことを、女性はどう感じているのか気になるところです。

「いきなりで引かれるのではないか...」

そんな不安な声が聞こえてきそうですが、やはりそれだけは避けたいですよね。

そこで、相合傘をすべき時とすべきでない時を、女性との関係性を見分けるポイントをご紹介します。

 

女性との関係性から見る!相合傘をすべき時とそうでない時の見分け方

デートと言っても、女性との関係性によって相手の反応が異なり、相合傘をすべきなのかそうでないのかも変わります。

楽しみにしていたせっかくのデートですので、引かれたくないですよね。しかし、女性と相合傘をすることで距離感が縮まりますので、少なからず親密度が増す可能性はあります。

では、関係性別に相合傘をするかしないかの見分け方をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 

①初デート時や、お互いのことをまだ分かっていない時

初デートの時や、この関係性の場合は、相合傘することをオススメできません。

初デートをする時って、大抵お互いの関係は深くないですよね。そのような状態で相合傘しようと試みると逆効果になってしまう可能性があります。

相合傘をすると身体の距離が近づきますが、関係が築けておらず、女性があなたに恋愛感情がないのにするということは、かえって相手の警戒心を強くしてしまいます。

また、1つの傘に2人で入るとカバンや服が濡れてしまいやすく、それを嫌がる人も多いので、このような関係性のときは相合傘しないのが無難でしょう。

突然の雨で傘が1本しかない状況の時は、相合傘するしかないので、女性をスマートに引っ張る姿勢を見せましょう(‘ω’)ノ

 

②相手が自分に対して、好意があるか分からない時

この関係性の場合は、相合傘は基本的にしない姿勢でいましょう。

女性があなたに恋愛感情があるか、まだ分からない状態なので、上記でお伝えした通り、相合傘は相手の警戒心を強めてしまうことがあります。

デートを2人で何回かしたことがある場合は、少なからずあなたと一緒にいることに居心地がいいと感じているはずです。そういう場合、あなたが女性に好意を伝えるチャンスになるので、その機会を見逃さないようにしましょう。

ちょっとずつ好意を伝えていくことで、相手も恋愛感情に変わっていくものですヾ(≧▽≦)ノ

ただし、雨が降っているということは、濡れることが当たり前ですので、相合傘をするときはいつも以上に相手への気遣いを忘れないようにしましょう(^^)/

 

③女性からの好意があると感じている時

このような関係性の場合、相合傘をするのは一旦STAY!相合傘をする状況になったら基本OKです。

好意がある人と相合傘できるので、女性は喜んでくれるでしょう。ただし、女性の気持ちを利用して、もてあそぶような気持ちで相合傘をするのはタブーです。相手に対して失礼です。

もちろん、あなたが相手に少しでも好意があったり、どうしても濡れてしまう状況であれば、相合傘をしてもOKですよ(^^)/

 

④友達関係だけど、自分だけ恋愛感情が生まれている時

このような関係性の場合、相合傘をしてもOKです。

友達関係から恋人になるには、どこかで相手の「友達関係」という考えを崩していかなければなりません。

友達関係で相合傘をすることって、なかなかないですよね。そう考えているのが普通ですが、ここで相合傘をすることで、友達関係→恋愛感情に発展するきっかけ作りができるのです(‘ω’)ノ

お互いのことを知っている関係性を上手く活用して、「相合傘する?」とか「濡れるから俺の傘に入り」など冗談っぽく伝えればいいのです。

相合傘をすることになれば良し!もし断れたとしても、相手は「もしかして私に好意を持ってくれてるのかな」という考えを相手に植えつけることができるのです(^^♪

友達関係を崩す機会として、結構使えると思うので、勇気を振り絞って実践してみてください。

 

⑤付き合っていないけど、相思相愛だと感じる時

このような関係性の場合、相合傘できるよう積極的に声をかけていきましょう。

付き合っていなかったとしても相思相愛で相合傘をすれば、お互いの気持ちがさらに急接近するでしょう。恥ずかしさや照れもあると思いますが、そこは男性側が積極的にリードしてあげること。

「男らしさ、頼りがいがある、優しい」など、そう思ってもらえるチャンスですので、そのチャンスを活かせるように相手のことを観察しつつも、積極的にアプローチしていきましょう(^^)/

そうすれば、付き合える日もそう遠くないはず♪

 

⑥付き合っている時

このような関係性の場合、相合傘するのはもちろんOKです。

付き合い始めたばかりのカップルが相合傘をして、密着しながら歩く、また肩を抱いて歩くことで、さらにラブラブな関係が深まるでしょう。

個人的に思うことが、ある程度付き合っている期間が長いカップルに相合傘をしてもらいたいです(^^)/

付き合っている期間が長くなると、自然と相手を気遣う姿勢や、新鮮さがなくなっていくカップルが多いと思います。

そんな状況を変えるためにも、相合傘してみることをオススメします。

付き合い始めた当時の気持ちがよみがえってくるかもしれませんヾ(≧▽≦)ノ

 

 

相合傘するのは「計画的に」ではなく「自然な流れ」で

付き合っている場合、自然と相合傘にうながすことができるのですが、付き合っていないと不自然な流れになりやすいです。

相合傘したい感情が先走って、「このタイミングで相合傘に誘うの?」と思われたら、逆効果ですよね。

あなたが考えるシチュエーションがあるかもしれませんが、計画的に相合傘をうながすのではなく、あくまで自然な流れを意識しましょうね(^^)/

例えば、今いる場所から次に移動する距離が短いとき。

「すぐ近くだから入れてあげるね」とか「そこまでだから入る?」と言えば、女性の警戒心なども和らぐので、自然な流れを意識しながら、実践してみてくださいね(^^♪

 

※関連記事がありますので、よろしければご覧ください。

【好感度が急上昇】男の株が上がる!雨の日のデートで女性に喜ばれる言動13選

スポンサードリンク