映画「昼顔」が人気沸騰!だが不倫する人の特徴をまとめてみた!8選

チャムです。

2014年のドラマ放送後、3年の歳月を経て、映画「昼顔」として2017年6月に帰ってきました。

「不倫」を題材にしたものが人気となったわけですが!残念なことに、実際不倫している人も存在しています。

そこで、映画「昼顔」のあらすじとキャストをご紹介しつつ、不倫しそうな人の特徴をまとめていきます。

 

まずは映画「昼顔」のあらすじとキャストをご紹介

(c)2017フジテレビジョン 東宝 FNS27社

不倫を題材にしたドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が2014年に放送されると、一気に話題を呼び、「昼顔」という言葉が流行語大賞にノミネートされるほどの社会現象となりました。

そのドラマの続編が映画「昼顔」なので、かなり人気のある作品となりました。

そんな話題作となった映画「昼顔」ですが、まずはあらすじやキャストを簡単に見ていきましょう。

あらすじ

夫がいる身でありながら妻のいる北野裕一郎(斎藤工)と惹(ひ)かれ合い、不倫関係に陥った笹本紗和(上戸彩)。その関係が公然のものとなり、彼女は北野と離れ夫とも別れることになった。

それから3年後、彼女は海辺の町で杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランで見習いとして働きながら暮らしていた。ある日、蛍に関する講演で紗和と北野は偶然の再会を果たす。

まだ冷めていなかったお互いの気持ちを確かめ合う二人だったが、その前に北野の妻・乃里子(伊藤歩)が現れる。

出典先:シネマトゥデイ

キャスト

上戸彩(木下紗和)、斎藤工(北野裕一郎)、伊藤歩(北野乃里子)、平山浩行(杉崎尚人)、黒沢あすか

 

予告編をチェック

皆さんは映画をご覧になりましたか?

主演の上戸彩さんは、映画化されたことを嬉しく感じると語りましたが、自身も結婚していますし「不倫」を題材とした作品のため、心境は複雑のようです。

芸能界で不倫ニュースを見かけることがありますが、世間一般でも不倫の世界は存在しており、100人のうち4割の人が不倫経験があるというアンケート結果が出ているぐらいです

男女問わず不倫をしてしまう人には、いくつか特有の特徴がありますので、これからその特徴についてお伝えしていきます。

現在夫婦の方や結婚を考えているカップルの方が、これからお伝えする項目に当てはまらないことを願います。

※あくまでも、不倫しやすい人の特徴をまとめているわけなので、パートナーを疑いすぎてケンカにならないようにしてください。

 

不倫しそうな人の特徴まとめ

セックスレスで性欲・愛情が満たされていない人

一緒にいる時間が長くなるにつれて、パートナーの存在が当たり前になってしまいます。すると、スキンシップを取ること、言葉での愛情表現をすることが自然と少なくなってしまいます。

これは、恋人関係のような感覚が薄れてしまうことで起きるため、それがセックスレスや性欲・愛情を満たされないという状況を作りだしてしまうのです。

それに対して、寂しいなど愛情が満たされていないと感じる人は不倫をしやすいです。

あなたはパートナーに愛情表現をしていますか?

※関連記事

【長続きするカップルの特徴10選】愛情を深めるためにやっていること!ラブラブな関係を維持しよう

 

②家庭環境に不満を持っている人

家事や仕事・経済的なこと、人間関係など家庭環境が上手くいっていなく、仕事から帰っても居心地が悪くストレスを感じているので、現実逃避するために不倫をするようです。

また、パートナーに虐げられるような場合、「いつまでも異性として扱われたい、頼りにされたい」と言う想いが生まれやすいので、家庭内に居場所がなくなり、外に出会いを求めにいってしまうのです。

 

他者への依存が強く、求められることに快感を感じる人

パートナーと一緒にいても常に不安を感じていたりと、依存してしまう人って結構いますが、こういうタイプの人は浮気・不倫しやすい傾向があります。

パートナーの行動や考えを「全て知っていたい、管理したい」という依存心があるが、それが叶わない。すると、依存心を埋めようと、別の人がいないか視野を広げてしまうのです

依存症があり、甘えたい・頼りにされたい願望が強い人は注意が必要です。

 

共感してくれることに嬉しさを感じる人

家庭内で肩身の狭い思いをしていたり、会話もろくにしていない場合「自分の考えに共感してくれる、褒めてくれる」ことに喜びを感じて、パートナーから心が徐々に離れてしまうことがあります。

そして、不倫をしてしまう。

夫婦関係になってから、「異性として見られなくなった」と感じている人も多いはず。しかし、いつまでも異性として扱われたいと思っている場合、メイクやファッションなど外見を磨く傾向があります。

「急に雰囲気が変わった」と感じたら、それは危険信号を表しているのかもしれません

 

自分を大切にできない自己否定をする人

自分に自信がなくネガティブになることが多い、否定的で自分を大切にできない人は、不倫相手に良いように丸め込まれたり、押しに弱いため、恋愛依存症になりやすいです。

「相手の幸せのために」と考えているうちに、だんだんと快感が生まれてきて、不倫・浮気がやめられないという負のスパイラルにハマってしまうのです。

必要とされている実感を得たいので、ほったらかしにされることを嫌います。ですので、不倫に走ってしまうことがあるのです。

 

運命や占いを極端に信じる人

出来心で「占い」をしたら、異性に関する思わぬことを告げられた。それを真に受けて、ちょっとしたことで異性を意識するようになったり、運命を感じてしまうというパターンです。

そう感じたら、後先考えずに突っ走ってしまう。そして不倫。占いや運命を信じる人の特徴は、何でもかんでも信じやすく、常にポジティブな性格の人ほど、そのような傾向があります

 

飲酒すると、乱れる傾向がある人

飲酒すると、テンションが上がったり、ノリが良くなりますよね。そして「ムラムラする」という人も。飲酒すると乱れる傾向がある人は、お酒を飲んだ勢いで異性と体の関係を持ってしまうことがあります

「いけないことをしている」という意識はありますが、心身の快楽と性欲が満たされることにハマってしまい、不倫関係が続いてしまうことがあるのです。

パートナーの酒癖はどうですか?乱れる傾向がある場合、要注意した方がいいかもしれません。

 

周りの友達に浮気する人が多い人

「類は友を呼び」という言葉は有名ですが、これは事実です。真面目な性格の人なら、同じような人が集まるグループができますし、逆に浮気・不倫をしている友達が周りにいる場合は、パートナーも浮気・不倫する可能性があります。

意識していなくても、似た感覚や価値観を持った人は自然と自分の周りにいるものです

パートナーの友達関係で、浮気・不倫をしている人がいる場合、注意が必要です。

スポンサードリンク

 

全部で8つお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

不倫をするのには必ず原因があります。もちろん不倫をすることはよろしくありませんが、相手が一方的に悪いと決めつけてはいけません。

「不倫しているかも…」と怪しいんでいる時は、なかなか冷静になることが難しいとは思いますが、何かが足りていないサインだと思ってください。

大切なパートナーです。初心を忘れずに、良好な関係をいつまでも築いていきましょう。

スポンサードリンク