【振り向いてもらえない理由】効果抜群!好きな人を惚れさせるテクニック

こんにちは、チャムです。

あなたは、こんな経験はありますか?

自分が好きになる人には、一切振り向いてもらえないのに、別に自分が何とも思っていない人には、なぜか気に入られるという現象。

多くの人は、自分だけたまたま起こったみたいに思って、深く考えていないと思いますが、これにはきちんとした法則があるのです。

そういう経験をされて悩んでいる人のために本日は、好きな人、タイプの人を惚れさせるテクニックについてお伝えしていきます。

 

【本命の相手に振り向いてもらえないのはなぜ!?】好きな人、タイプの人を惚れさせるテクニック

あなたのことを気に入ってくれる異性がいることはいいことなのですが、自分が気に入っている相手に好かれなければ、あまり意味はありません。

好きでない相手と付き合うのは、苦痛のほうがかなり大きいはずですし、やはり恋人にするなら、自分の好きな人、タイプの人と付き合いたいと誰もが思うはずです。

では、なぜそうなるのか?

それにはきちんとした理由があるのです。

 

 

本命の相手に振り向いてもらえない理由

あなたがその問題点をしっかり治せば、何とも思っていない相手だけでなく、きちんと自分の好きな人やタイプの人を付き合うことができるようになります。

まず、憧れ的な感じで相手にことを好きな場合ですが、例えば、芸能人は芸能人同士、野球選手はアナウンサー、モデルは社長と付き合うみたいな例を思い浮かべてください。

類は友を呼ぶではないですが、実際に同じくらいの地位の人同士が付き合ったり、結婚することは一般的によくあることです。

それは自分に合うのは、こういう人っていうお互いの人間的な価値を、よく理解しているからなんですね。

だから、あなたの好きな人が芸能人とかだったら、恋人にするのはかなり厳しいですが、友達の友達とか、会社の同僚・先輩・後輩や、学校が同じ相手といった普通に生活していて出会う相手であれば、十分に可能性があるんです。

 

まず初めに、好きな相手に、全く相手にしてもらえないような場合、あなたとその好きな人との「立場・見られ方」が悪いんです。

あなたが好きでも、あなたが気に入っている相手があなたのことを全く興味がないのでしたら、かなり厳しいですよね。この場合は、完全に相手よりあなたの立場が下だと言えます。

だから、あなたと気に入っている相手の立場を対等、できればあなたが上にしなければなりません。

ではどうすれば、立場を対等や上に変えることができるのか?

スポンサードリンク

 

振り向いてもらえない状態を逆転させるテクニック

それはあなたが「すごい」と思われたり「尊敬」される部分を、その相手に示してあげればいいんです。「一目置かれる存在に」なればいいのです。

あなたが、何かの部分でその相手から尊敬されてください!たったこれだけでいいんです(^^)/

どういうことかと言いますと、人間は自分よりすごいとか、尊敬できる部分を持っている人に対しては、他の人より特別視します。

その人にとって、「興味のある存在」ということになるのです。

 

あなたが自分より下に見ていた人が、自分の知らない世界を知っていたり、あなたはすごく好きな歌手と友達だったりしたら、その人に対して興味がわきませんか?

あなたが全く相手にあれない状態でしたら、まず相手に自分のことを興味を持ってもらって立場を対等かそれ以上にすることが先決です。

 

そんなこと言われてもよく分からないという人のために分かりやすく説明していきます。

例えば...

あなたは会社員で、会社の同僚が主催してくれたある合コンに参加しました。

そこで、たまたま来ていた、普通でおとなしそうな感じの人があなたのことを少し気に入ってくれました。あなたは、そこまでその人のことはタイプではありませんが、連絡先を聞かれたので一応教えました。

数日後、あなたは食事に誘われました。

自分はそこまでタイプではないし、そこまで相手に興味がないので、めんどくさいなーと迷ったあげく、まぁ暇と言えば暇だしいいかな。こんな感じで、一応あまりタイプではない相手と食事に行きました。

食事をしながら、何となく会話していたら、相手はどうやら自分で会社を経営していて、しかもかなり大きな会社の社長らしいのです。

結構車が好きらしく、難題も高級車を所有しているみたいで、今日はベンツで来たって言っています。

あなたは、あんまちタイプではなかった相手ですが、この食事に行ってこんな話を聞いたら、少なくとも今までよりは興味がわきませんか?

要するにこういうことなのです。あなたに、大規模な会社を経営してくださいって言っているわけではなく、相手に「この人凄い!」って思わせるだけでいいんです(^^)/

 

いくつか例を挙げると

例1

あなたが好きな相手が、今年からスノーボードを始めたいと思っているとします。あなたは、スノーボード暦10年です。

これって、チャンスだと思いませんか?

一緒に行って、その相手が滑れるまで手取り足取り教えてあげて、相手がある程度滑れるようになったら、スノボが上手いあなたに尊敬の眼差しで、教えてくれてありがとうの感謝の気持ちで、あなたを見る目が一気に変わると思います。

例2

あなたが気に入っている子が、ブログを始めたいという理由で、パソコンを購入しました。

でも相手はパソコンなんて、今まで触ったことすらなかったので、設定の仕方も分からなければ、メールアドレスの取得の仕方すら知りません。その相手の周りの知り合いも、誰も分かる人がいません。

当然これではブログどころではありませんね。

こんな話を聞いてあなたは、メールアドレスの取得の仕方を説明してあげて、まだ分からなければ実際に、あなたが教えながらうあってあげればいいのです。

例3

学校って、色々な友達のグループってありますよね。

あんまりぱっとしない人でも、一緒のグループの人たちがイケメングループだったり、可愛い子がいっぱいいるグループにいるだけで、結構モテている人っていませんでしたか?

その人自身は普通だったとしても、異性からしたら、そんなグループにいる中の1人なんだ...

みたいな感じで、一目置かれる存在として映るのです。

ちょっとしたことで、この立場というのは、すぐに変えることができるのです。

何度も言いますが、立場を必ず対等化それ以上にしてから口説いてください。立場が同じ、対等になって初めて口説くという行為が活きてきます。

立場が相手よりかなり下の状態でしたら、あなたはその相手にとってファンでしかないのですから、好きな相手にとってあなたの立場が下かなと感じている人は、是非立場を逆転させるテクニックを実践してみてくださいねヾ(≧▽≦)ノ

スポンサードリンク