【NMB48】須藤凛々花さんの結婚宣言・会見から学べる恋愛観

チャムです。

「第9回AKB48選抜総選挙」の結婚宣言し、芸能界からファン・一般の方まで大きな物議を醸しているNMB48のメンバー須藤凜々花(20)さん。6月21日に会見を開き、結婚宣言の経緯や思い、グループからの卒業などについて語りました。

批判の声が多いですが、ちょっと視点を変えて須藤凜々花さんから学べる「恋愛価値観」についてお伝えしていきます。

 

まずは会見中の発言をチェック

amazon.co.jp

AKB48の渡辺麻友さんは卒業を発表。HKT48の指原莉乃さんが史上初の3連覇を達成して、BIGニュースになるはずでしたが、須藤凜々花さんが結婚宣言をしたことで、いい意味でも悪い意味でもかなり注目されています。現役メンバーやOGも巻き込む大騒動に発展しているわけですが、6月21日に会見を行い、下記のように発言しています。

恋愛禁止について「決められたルールではなく、自分の判断に任せられると思っていた」と話し、アイドルが恋愛することについて「(人を)好きになるという気持ちが分からなかったときは、グループのことを一生懸命にやっていたら恋愛なんてする暇はないと思っていた。でも、人を好きになって思ったのは、恋愛禁止のルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないんじゃないかと思ってしまいました」と恋愛禁止ルールに関する自身の価値観を話した。

ファンとは「ずっと向き合いたい」?
総選挙の場で、結婚を発表したことについて「自分の口で絶対に言いたくて。あの場で言うのは凄く悩んだが、ファンには自分の口で伝えたかった」と話した。

お金を払って応援してくれたファンに対しては「本当に大好きな人をことごとく傷つけてしまった」「すごい傷つけて批判されて当然のことをした」としながら、「応援してくださったこと忘れずに夢を実現させたい。ずっと向き合いたい」と語った。

【引用元】ハフィントンポスト

会見中の一部の発言を取り上げましたが、「恋愛の価値観や考え方」という視点で見ていくと、意外と学べることもあります。ネガティブな見方や意見が多いですが、ポジティブな捉え方をすることも恋愛においては大切なことです。

スポンサードリンク

 

須藤凜々花さんから学べる「恋愛価値観」

アイドルならではの「恋愛禁止のルール」ですが、それを破ってまさかの結婚宣言。仕事の観点から考えると、ファンやスタッフ・現役メンバーなどに対して、プロ意識の欠如が感じられ、厳しい見方をされてもおかしくないです。

投票数は、3万1779票になっており、投じたられた金額は1000万円以上と報道させているので余計反感を買いますね。

では「恋愛」を観点にしたとき、どこに注目すればいいのか?ということなんですが、それは「恋愛禁止のルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないんじゃないかと思ってしまいました」という発言です。

 

この発言に対して私は学べることがあると思ったのですが、それはどういうことなのか?

まず初めに言えることが「恋愛」とか「恋」って頭で考えてするものではないと思うんですね。よく恋愛というと「自分に対して脈があるのか、コミュニケーションをどう取るのか、告白をどうするのか、カップルでどう過ごすか」などを気にしてしまいがちです。

もちろん好きだからこその考えではありますが、恋愛において一番大切なことは「自分の心がどう動くのか・心の声は何と言っているのか」などあなたの想いです。心から溢れてくる「好き」という気持ちがあるからこそ、相手を想い「大切にしよう」とか「幸せな関係を築こう」と思えるはずです。

テクニックばかりを磨いても、これを忘れてしまっては本当に幸せな恋人関係を築くことができないと思います。逆に何かを犠牲にしてでも、我慢していても抑えられない気持ちを明かし、結婚宣言した須藤凜々花さんは、よっぽど相手に対する気持ち溢れ出ていたのでしょう。「恋愛」という視点だけで見たら、素敵な想いですね。

この恋愛で大切な根本を、彼女から学べるのではないでしょうか?

あなたは今!

・恋をしていますか?

・あなたは大切な人、好きな人はいますか?

・恋人を大切にできていますか?

・夫婦関係はどうですか?

付き合っていてもいなくても・付き合っている期間が長くても、夫婦関係だったとしても、心から溢れる想い・気持ちを大切にすることで、幸せな未来が待っているはず

今一度、自分自身の気持ちを振り返る時間を作ってみてはいかがですか?意外な発見があったり、改めて大切にしたいという気持ちに気付かされるきっかけになるでしょう(^^)/

そんな恋愛の価値観を学べる!メッセージ性の詰まった、須藤凜々花さんの発言だったと思います。

スポンサードリンク