【三重県 花火大会 2017】人気花火ランキング7、8月編!夏の風物詩を満喫

チャムです。

夏の大イベントの1つと言えばやはり「花火大会」ですね。

ファミリーからカップル、友達同士など、幅広い年齢層に人気の夏の風物詩です。

今回は三重県で2017年7・8月に開催される花火大会をランキング形式でご紹介していきます。

それでは順に見ていきましょう(‘ω’)ノ

 

【三重県 花火大会 2017】人気花火ランキングTOP7! 7・8月編

第1位 桑名水郷花火大会

  icon-star 見どころ

東海地区最大級の約1万発の花火が打ち上げられる!

水郷のまち、三重県桑名市の揖斐川河畔(鍋屋堤)から花火が打ち上げられ、河川敷から見れば視界全体が光で包まれる。2017年は、東海地区最大級の2尺玉20発を含む、約1万発を打ち上げ予定。また、水中スターマインは川岸や船上から見る観客のすぐそばまで迫ってくる人気プログラムだ。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年7月29日(土)19:30~21:00

打ち上げ数:約10000発

雨天時:小雨決行(荒天時は2017年7月30日(日)、31日(月)に順次延期)

昨年の客数:約20万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県桑名市 ー 揖斐川河畔(交通 JR・近鉄・養老鉄道桑名駅から徒歩20分)

35.0736824,136.6967332

 

駐車場:

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

 

第2位 熊野大花火大会

  icon-star 見どころ

美しい扇状に花開く「鬼ヶ城大仕掛」!

熊野灘に広がる美しい七里御浜や、国の名勝に指定されている鬼ヶ城を舞台に繰り広げられる三重県の熊野大花火大会。直径約600mに広がる美しい3尺玉海上自爆や、疾走する2隻の船から海へ花火玉を次々と投げ入れ、海上で扇形の花を咲かせる海上自爆が見ものだ。フィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛」は、爆発した花火が扇状に開き、轟音が響きわたる。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年8月17日(木)19:10~21:30

打ち上げ数:約10000発

雨天時:小雨決行(荒天時は2017年8月22日(火)、23日(水)、28日(月)、29日(火)のいずれか1日に延期)

昨年の客数:約14万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県熊野市 ー 七里御浜海岸(交通 JR熊野市駅から徒歩5分、大泊ICから国道42号を南へ車で5分、尾鷲北ICから国道42号経由で南へ車で40分 ※当日は尾鷲南IC~大泊IC間で交通規制あり)

33.8861632,136.1035057

 

駐車場:1000円/1日( ※一部2000円/1日)

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

 

第3位 第66回津花火大会2017

  icon-star 見どころ

津ならではの~夏・華・美~!

大正時代にはじまった歴史ある花火大会。オープニングは豪華尺玉5発扇打ちと海上尺玉5発が一斉開花。海上を舞台に疾走する船2隻から繰り出される100連発花火など、2016年に好評だったプログラムに新たな魅力も加えた、津ならではの工夫を凝らした見応え抜群の演出。砂浜から臨場感あふれる花火を楽しめる。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年7月29日(月)19:45~21:00

打ち上げ数:約10000発

雨天時:小雨決行(荒天時は2017年7月30日(日)に延期。最大7月31日(月)まで順延)

昨年の客数:約15万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県津市 ー 津市阿漕浦海岸(交通 JR・近鉄・伊勢鉄道津駅東口から三重交通有料臨時シャトルバス(片道220円)に乗り10分、メッセウィングみえ無料駐車場から有料臨時シャトルバス(片道220円、所要時間10分)運行、伊勢道津ICから車で25分)

34.7037722,136.5228408

 

駐車場:4000台無料、ボートレース津(3000台)、メッセウィングみえ(1000台)

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

 

第4位 2017名張川納涼花火大会

   icon-star 見どころ

バラエティ豊かな“体感花火”が楽しめる!

三重県名張市で開催される納涼花火大会で、近隣では最大級の約4500発の花火が打ち上げられる。ナイアガラや、音楽に合わせた大小さまざまなスターマインなど、多彩な花火が名張の夜空を彩る。フィナーレでは観客のカウントダウンで花火が盛大に打ち上げられ、会場全体が一体感に包まれる。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年7月29日(土)19:50~21:00

打ち上げ数:約4500発

雨天時:小雨決行(荒天時は2017年7月30日(日)に延期)

昨年の客数:約6万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県名張市 ー 名張川新町河畔および黒田地区(交通 近鉄名張駅から南西へ徒歩15分、名阪国道上野ICから国道368号・165号経由で車で約30分)

34.6184817,136.0825507

 

駐車場:700台臨時、17:30~、500円/1回

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

 

第5位 第30回四日市花火大会

  icon-star 見どころ

想いをメッセージとして添えるメッセージ花火!

三重県四日市市の花火大会。打ち上げ時にメッセージを読み上げるメッセージ花火が今年も登場する。ほかにも、ミュージックスターマインやワイドスターマインは見ごたえ十分だ。FM放送をBGMに、夜空に映える花火を楽しむことができる。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年8月27日(日)19:15~20:30

打ち上げ数:約4000発

雨天時:小雨決行(荒天時は2017年9月3日(日)に延期)

昨年の客数:約4万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県四日市市 ー 四日市港富双緑地(交通 JR富田駅から徒歩15分、近鉄・三岐鉄道近鉄富田駅から徒歩25分 ※当日は会場周辺で交通規制あり(16:00~)

35.0016753,136.6634845

 

駐車場:

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

第6位 第62回 鳥羽みなとまつり

 icon-star 見どころ

1尺玉やスターマインで花火の迫力を体験!

花火の迫力を体験できる三重県鳥羽市の花火大会。名物の水中花火が海上一面を花畑のように彩り、1尺玉が開くときには空気が揺れる。ラストは、サミットスターマイン豪華3段一斉打ち。サミット(頂上)の名にふさわしい迫力で一気にクライマックスへと誘う。花火だけでなく、ステージイベントでは地元団体による公演もある。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年7月28日(金)20:00~21:00

打ち上げ数:約5000発

雨天時:荒天時は2017年7月29日(土)に花火のみ延期

昨年の客数:約12万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県鳥羽市 ー 鳥羽湾上(交通 JR・近鉄鳥羽駅から徒歩8分 伊勢二見鳥羽ライン鳥羽ICから国道42号経由で東へ車で10分)

34.4872529,136.8462284

 

駐車場:500台臨時、1000円/1台

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

 

第7位 2017 きほく燈籠祭

  icon-star 見どころ

ここでしか見られない花火「彩雲孔雀」が堪能できる!

2017年の燈籠祭は、「和心一祭(わしんいっさい)~未来へつなぐ光~」を合言葉に開催。大燈籠には「光明孔雀(こうみょうくじゃく)」を製作し、楽しい祭りイベントを展開する。巨大燈籠を海に浮かべ、その背景に3000発の豪快な花火で夏の夜を幻想的に演出。また独自の地形を利用した、ここでしか見られない「彩雲孔雀(さいうんくじゃく)」と名づけられた、ラストを飾る大仕掛け花火は見もの。この夏の一番の思い出になるはず。

出典先:ウォーカープラス

日時:2017年7月22日(土)20:00~21:00

打ち上げ数:約3000発

雨天時:小雨決行(荒天時は2017年7月23日(日)に延期)

昨年の客数:約5万人

打ち上げ場所 or 住所:三重県北牟婁郡紀北町 ー 紀北町 長島港(交通 JR紀伊長島駅から徒歩15分、紀勢道紀伊長島ICから国道42号を尾鷲方面へ車で5分 ※当日は会場周辺で交通規制あり(19:00~)

34.1979251,136.338224

 

駐車場:1000台無料、紀北町内各所

昨年の花火映像

公式ホームページ確認したい方はこちらをクリック

 

 

ランキング形式でTOP7の花火大会をご紹介してきました。

行きたい花火大会は見つかりましたか?

夏のひと時を楽しんでいただけるきっかけになれば幸いです。

 

※関連記事

スポンサードリンク