【誰もが胸キュンする告白LINE】成功率を高める例文まとめ

チャムです。

告白って電話や手紙、直接伝えるなど、色々な形がありますね。その中でも、本日は「LINE・メール」での告白を例文を挙げながら特集していきます。

一体どんな内容なら、告白が成功しやすいと思いますか?

これからいくつかご紹介しますが、「自分だったらこうする!」というのを考えながら見ていただくと、より参考になるかと思います。

胸キュンさせて、相手のハートを射止めましょう。

 

【誰もが胸キュンする告白LINE】成功率を高める例文まとめ

シンプルで伝わりやすい「〇〇(相手の名前)が好き。付き合ってほしい」

好きという気持ちをストレートに伝えることが、相手にとって分かりやすく、伝わりやすい告白文です。凝った文面より「シンプルな方がいい!」という人は結構います

「好き」という気持ちをシンプルな一言の中にいっぱい詰め込んでください。

また、2人がもう仲良しの関係でタメ口を言い合えるぐらいであれば、敬語で伝えることで真剣さや新鮮味があっていいかと思います。ギャップを発揮するチャンスです。

 

想ってくれている感じが伝わる!「好きな気持ちが溢れてくる」

面と向かって言うのが恥ずかしくても、LINEやメールの「送りやすさ」を利用して、告白する言葉を選んでもいいと思います。

相当照れくさいと思いますが、相手に気持ちを伝える時は、直接会っているわけではないので、少し極端に伝えるぐらいの方が伝わりやすいものです。

相手がロマンチックな雰囲気が好きな場合、結構効果的な告白です。逆にサバサバした雰囲気の持ち主の場合、あまり効果的とは言えないでしょう。

相手の性格を見極めること、そしていかに良いムードを作りだせるかで、相手の受け取る印象は変わりそうです。

 

存在の大きさを伝えられる「ずっと一緒にいたい」

「一緒に」というのがキーワードになる告白です。付き合ったら一緒にいる時間は増えますが、告白の時に「恋人」をより意識させることができれば、相手の心にもグッとくるものがあるはずです。

2人の思い出に残っていることを話しながら、ふとした瞬間に「一緒に」というキーワードを入れながら告白すると、あなたの存在感がより大切なものだと感じてくれるはずです。

注意点
ただし、ある程度仲が深まっている関係になってから、使ってくださいね。そうでないと「ずっとって言われても、そんなに遊んだことないのにな...」と思われて、完全に冷めてしまう可能性があります。

 

度合いが過ぎないように!「〇〇のことが頭から離れない」

度が過ぎるとストーカーみたいで気持ち悪いと思われるかもしれませんが、それがいい!と思っている人はいます。

相手がいつも好きな人のことを考えてしまう「恋愛体質な人」の場合は、思わず胸キュンしてしまうセリフになるでしょう。

ただし、上記の注意点でもお話ししましたが、こちらも関係が築けている状態のみ有効です

「気持ち悪い、気味が悪い」と思われてしまったら、一気に恋愛対象に見れないどころか、連絡を取り合うことさえできなくってしまうので、関係性を見極めましょうね。

 

失恋中の相手に効果的!「自分じゃ代わりになれないかな...」

失恋中だと、どうしても精神的に弱ってしまう時ですよね。その状況をプラスに変える告白です。

これを言われた場合、もし相手があなたのことを恋愛対象として考えていなかったとしても、見る目がグイッと変わります。「代わりになれないかな...」と言われた相手は、胸がキュンとしたり、ドキッとするに違いありません。

別れたばかりなので、すぐに付き合うとはならないかもしれませんが、これをきっかけにどんどん距離感が縮まっていくでしょう。

「今は別れたばかりだし、ちょっと難しいかな...」みたいに言われたとしても、焦らずにじっくりと相手と向き合いましょう。

 

おもわず胸キュンしてしまう「〇〇の笑顔が一番好き」

笑顔が好き、素敵なんて言われたら、思わずニヤけちゃいそうですね。そのぐらい嬉しい一言なので、告白するまでの流れの中に入れてみてください。

この言葉だけでは、付き合うためのアプローチとして少し物足りない感があるので、告白までのアプローチとして使うことをオススメします。

 

すでに関係が深いなら!「俺たち(私たち)って付き合ってるよね?」

既に「好き」という気持ちを伝えていて、あと一押しという時や相手の気持ちの整理ができたタイミングで、恋人関係を意識させるような告白の仕方は効果的です。

すでに恋人のような深い関係になっているが、「恋人」という関係にこだわりたい。

そういう想いがあるのでしたら、「付き合ってるよね?」とか「付き合ってると思っていい?」という確認をしてあげることで、かなりの確率で付き合えるでしょう。

友達以上恋人未満で、恋人に近いような関係になった時、ぜひ実践してみてください(‘ω’)ノ

 

告白の予感がぷんぷん!「直接会って、伝えたいことがあるんだ」

こちらは直接告白するための前振りとして使える、相手をドキドキさせるLINEの1つです。

そんなことを言われたら「何を言われるんだろう...告白されるんかな」と緊張感がいっぱいになると思います。

直接告白したい場合、事前に「告白しますよ」という雰囲気をやんわりと出すことで、相手も心の準備をしてくれるはず。

また、すでに関係が築けていて冗談を言い合わる仲なほど、相手をドキドキさせることができるでしょう。

スポンサードリンク

 

全部で8つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

相手の性格や親密度に合った告白をすることで成功率を高めることができます。

告白する前の準備として、

・相手の性格はどうなのか?

・どのくらい関係性が深まっているのか?

・相手は何て言われたら喜んでくれるだろうか?

など、じっくりと考えてから告白に臨みましょう。

また、成功率を上げる告白の仕方や考え方をご紹介した記事もありますので、よろしければ参考程度にご覧ください。

スポンサードリンク